軽自動車は普通車と何が違うの?

車を購入する際に車種選びでまず始めに別れるのが、普通車と軽自動車のどちらを購入するかについてです。

  • アバター

  • ゴルゴ18

軽自動車と普通車の違い

特に郊外にお住まいの場合は家族でセカンドカーとして軽を複数所有する事が多くあるのですが、最近では都市部においても維持費が安いことから軽へシフトする向きもあります。

この双方の車種で何が違うのか比較した場合に真っ先に思い浮かぶのは排気量や車体サイズについてです。
軽自動車は排気量が660cc以下まで押えられ、また車体サイズは全長3400mm以下・全幅1480mm以下・全高2000mm以下と規定されています。
一方で普通車の場合はワゴンサイズなど大型サイズやスポーツカーなど排気量が多い車種もあり、何が違うか双方を比較するとまずこの点での違いが大きくなります。

続いて双方の価格について何が違うか比較してみると、一般的に軽自動車の場合は100万円前後の車種が多くなりますのでお手ごろ価格になります。
また購入費用も安い上に税金も安く設定されており、低燃費でガソリン代もあまり多く掛からないなどのメリットがあるのです。
税金に関しては2015年4月1日より従来の7200円から10800円と増税されたものの、金額としては依然として低い水準になります。

一方で普通車の場合は平均購入価格がおよそ191万円ほどと軽自動車の倍ほどになり、上を向けば数千万円クラスの車も多くあります。
維持費に関しては税金も高くガソリン代も高くなる傾向があり、その一方でハイブリッド車など燃費性能が高い車については税金が安くなる一方で購入価格が高くなる傾向があります。

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR