知っておきたいナンバープレートの種類について

まずナンバープレートの知っておきたい種類としては、車両区分により自動車登録番号標・車両番号標・標識などと正式名称が異なり、トレーラーなどの大型の車両と普通車ではプレートのサイズも大きく異なり、大型・中型・小型番号標と3種類があります。

  • アバター

  • ゴルゴ18

普段、車を利用する中ではナンバープレートについて目が行く事はあまりなく、どのような種類があるかについて知らない方も多くなります。
ただこのプレートには想像以上に様々な情報が詰め込まれており、知っておきたい様々な種類が存在するのです。

まずナンバープレートの知っておきたい種類としては、車両区分により自動車登録番号標・車両番号標・標識などと正式名称が異なり、トレーラーなどの大型の車両と普通車ではプレートのサイズも大きく異なり、大型・中型・小型番号標と3種類があります。

続いて配色に関しては知っておきたい種類としては、軽自動車は黄色地に黒文字で、タクシーなどの事業用の場合は緑地に白文字になり、このあたりの違いはよく知られています。
また自家用の場合はお馴染みの白地に緑字になるのですが、これ以外にもいくつかの種類があります。
まず自家用の自動二輪車は白地のプレートのふち部分に緑線が入り文字は緑色に、さらに事業用の軽自動車は黒地に黄文字となり、いずれもそれぞれ一目で見分ける事が可能です。

続いてナンバープレートに刻印されている文字や数字についても知っておきたい所ですが、地名の右側にある分類番号は上1桁が1であれば普通貨物車、上1桁が3であれば普通乗用車などと区別されています。
また地名についてはプレートが払い出された運輸支局や自動車検査登録事務所の事を指し示しています。
さらに車両番号の左隣には平仮名が1文字入っているのですが、これは自家用やレンタカーから事業用などを始めいくつかに分類されており、いずれも大きな意味合いが秘められているのです。

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR