車のエアコンの正しい知識について

車の乗車中に快適に過ごすためにエアコンは欠かせないもので、日差しが強い夏場や寒い時期などには特に必須の物です。ただ車載のエアコンは自宅に設置する物とは大きく違いますので、構造や仕組みなどについては正しい知識をご紹介。

  • アバター

  • ゴルゴ18

車の乗車中に快適に過ごすためにエアコンは欠かせないもので、日差しが強い夏場や寒い時期などには特に必須の物です。
ただ車載のエアコンは自宅に設置する物とは大きく違いますので、構造や仕組みなどについては正しい知識を持たない方も多くなります。

まずエアコンと燃費の関係性についてですが、この点についてはよく言われている所で、設定温度を低く強風にするとガソリンの消費量が増えてきます。
これは自宅で使いすぎると電気使用量が増えるのとまったく同様のことで、車の場合はガソリンを使い電気をより多く発生させることになりますので、こまめに切ったり使いすぎたりしない事が省燃費のための正しい知識です。

ただ燃費への影響は夏場に冷房として使用する場合に限定され、一方で冬に暖房を付けた場合は燃費に影響する事はありません。
実は車載用のエアコンには冷房と除湿の機能しか付けられてはおらず、暖房は機能として備えられてはいないのです。
では冬に暖房をつけた際になぜ暖かい空気を出すことができるのでしょうか。
この点について考える時にポイントになるのはエンジンで、内燃機関ではガソリンが爆発的に燃焼することで稼動しており、その際には熱を持つことになります。
通常は冷却水が循環する事で排熱しているのですが、暖房を付けた場合にはこのエンジンの熱を利用して空気を温めていますので、暖房を入れても燃費に影響を与える事はないのです。
そこで正しい知識として夏は冷房をこまめに切る一方で、冬の暖房に関しては気にする必要もなく好きなだけ温めることができる事を覚えておくと良いでしょう。

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR