車検ってこうすると少し金額が安くなる事について

  • アバター

  • ゴルゴ18

車検を安くする方法

車の安全性を保つために実施されている車検制度では、一般的に2年に1度の頻度で検査が行なわれます。
ただ安全性を保つためとは言え、その度に少なからぬ金額を支払う事になります。
特に最近では軽自動車税や自動車重量税の増税など気になる話も多く、できるだけ車に関わる費用を節減したいと考える方は非常に多くなるのです。
車検では車種にもよりますが平均的に10万円以上の費用が掛かるとも言われますが、少しでも金額を安くする方法などはあるのでしょうか。

まず検査に掛かる費用を細かく見ると、大まかには基本費用(点検整備+検査代+代行費)と法定費用(重量税+自賠責+印紙代)の2種類に分かれます。
このうち法定費用は費用が固定されていますので費用を減らす事はできないのですが、基本費用については費用を減らす事が可能です。
この基本費用については代行業者により細かく価格が変わりますので、ネットの一括見積もりサービスを利用すると効率よく安い費用の業者を探す事が可能です。

続いて車検で少し金額お安くするためには、業者に持ち込む前に消耗品を交換や補充してから検査に出すと良いでしょう。
この消耗品にはバッテリー・タイヤ・洗浄液などを始め様々あるのですが、業者が交換や補充をする際には部品の選択肢が狭く高額になる場合が多くあります。
しかし事前に交換するのであればネットなどで安価な製品を取り寄せる事ができ、ご自身で作業が出来なくても身近な自動車工場で交換だけを依頼することもできますので、この場合も少しどころか大幅に金額を安くする事ができるのです。

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR