【東京モーターショー15】スバルは高速道路の渋滞で自動運転するクルマを2017年に市販!?

スバルといえばWRCで大活躍し、ボクサーエンジンにシンメトリカルAWD……というのは今や一部のマニアック目線であり、普通の人にとっては「安全性が高そうなメーカー」というイメージ。

  • アバター

  • ゴルゴ18

そのポイントのひとつがカメラを使った先進安全システム「アイサイト」ですが、そのアイサイトが今後は自動運転にも活用されるようですね。

プレゼンにおいて同社の吉永泰之社長は、スバルが自動運転車両を発売するタイミングについても言及。なんと2017年には「高速道路での渋滞時追従」機能を市販車に搭載と宣言しました。

おっと、もうすぐじゃないですか。あと数年たてば、高速道路の渋滞でのイライラから解消されるというわけですよ。楽しみですね。

ちなみに、その後2020年には「高速道路上での自動運転」を実現するそうです。もちろん市販車で。あと5年だ。

引用元:【東京モーターショー15】スバルは高速道路の渋滞で自動運転するクルマを2017年に市販!? | clicccar.com(クリッカー).

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR