燃費とタイヤの関係と上手な使い方について

  • アバター

  • ゴルゴ18

タイヤと燃費の関係性

タイヤで燃費は変わる!?

自動車に使用されているタイヤは、ゴムを主な原材料として製造されているのですが、このゴムの特性が自動車の走行性能に大きく関係しています。

タイヤと路面の摩擦

ゴムと道路面の間には摩擦力が生じますが、スムーズな走行を実現するためには、摩擦力を抑えて滑らかに回転する必要があります。しかし、一方でこの摩擦力は自動車が減速したり、停止する場合に重要な機能を果たしているという側面もあります。スムーズな走行を重視しすぎるがために摩擦力を落としすぎることは、自動車を運転するにあたって最も重要な安全という要素を失うことにもなるのです。

ユーザーの燃費への意識

ガソリン価格の高騰や景気の停滞による厳しい家計状況なども関係して、燃費に対する意識の高いドライバーは以前に比べて大幅に増えています。

このような需要に応えるためにメーカー各社は、よりスムーズに転がる一方で、道路面とのグリップ力も落とさないという相反する目標を達成する製品作りに努めてきました。

原油という資源は限られたものであるだけに、資源の有効活用という意味においても燃費の向上は社会的使命を帯びていると言えます。

また二酸化炭素の排出量を抑えることによって環境への負荷を減らすことにも繋がります。
このように様々な要素が関係し合いながら低燃費タイヤの開発が続けられているのです。ドライバーもこうした製品の特性を知って上手に使う必要があります。

空気圧の点検は定期的に

まず定期的にタイヤの空気圧の点検を行うことが大切です。適切に空気圧を維持しておくだけでも安全で快適なドライブに繋がるのです。

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR