【スーパー耐久 最終戦】同ポイント決戦となったST-4クラス…埼玉トヨペットGreenBraveが王座に

2015年のスーパー耐久最終戦。同ポイントでのチャンピオン争いで盛り上がったST-4クラスはNo.52埼玉トヨペットGreenBrave(番場琢/服部尚貴/平沼貴之組)のトヨタ『86』が王座に輝いた。

  • アバター

  • ゴルゴ18

スーパー耐久最終戦

第5戦を終えてNo.13ENDLESS ADVAN 86と全くの同ポイントで迎え、最終戦の決戦。予選では52号車の埼玉トヨペットがポールポジションを獲得。一方の13号車ENDLESSはクラス9番手と後方に沈んでしまう。しかし、いざレースになると着実に追い上げ、残り1時間を切ったところで52号車の背後へ。ちょうどアクシデントが発生しセーフティーカーが導入されたこともあり、両者の間隔が一気に縮まった。

残り20分を切って、わずか2秒の間隔でレースが再開。すると13号車の山内英輝が怒涛の追い上げをみせ、52号車を駆る服部尚貴に襲いかかる。コース前半の東コースで距離を縮めデグナーカーブ2つ目でインを狙うが服部も13号車を前に行かせればチャンピオンは獲得できないことを分かっており必死にブロック。毎周にわたってサイド・バイ・サイドの白熱したバトルが展開される。前に出た方がチャンピオンという状況もあり、スタンドのファンも2台の『86』のバトルに釘付けになっていた。

52号車の扉をこじ開けることができなかった13号車の山内。残り2周というところで、戦略を変えヘアピンのアウト側から抜きにかかる。2台はそのまま並んだ状態でスプーンカーブまで走行。服部が意地で踏ん張りポジションを守った。

結局両者の順位は変わることなくチェッカーフラッグ。2位に入った52号車がクラスチャンピオンを獲得した。なおST-4クラス全体ではNo.93 TAKUMI×UEMATSU×SKR S2000が優勝、ST-5クラスはNo.69 BRP★J’S RACING フィットが優勝した。

引用元:【スーパー耐久 最終戦】同ポイント決戦となったST-4クラス…埼玉トヨペットGreenBraveが王座に | レスポンス.

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR