【SEMAショー15】マツダ ロードスター スパイダー、ルーフは軽量「ビキニトップ」

マツダの米国法人、北米マツダは11月3日、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー15において、新型『ロードスター』の「スパイダー コンセプト」を初公開した。

  • アバター

  • ゴルゴ18

ロードスタースパイダーコンセプト

スパイダー コンセプトは、クラシックなビンテージロードスターがモチーフ。ビンテージロードスターを現代流に解釈した1台が、スパイダー コンセプトとなる。

目を引くのは、簡易構造の軽量なソフトトップ。このソフトトップは「ビキニトップ」と呼ばれ、オープンカーの幌の開発で豊富なノウハウを持つASC(アメリカン・サンルーフ・コーポレーション)が設計を担当した。ソフトトップのファブリック素材は、Haartz社が手がける。

車両重量は1044kg。ベース車両(北米仕様は2.0リットル)に対して、およそ14kgの軽量化を果たす。ボディカラーはマーキュリーシルバー。シートなどの内装には、「PRIMA」と呼ばれる天然レザーを使う。カーボンファイバー製のエアロキットも装着。フロントグリルは専用デザインとした。

サスペンションはサーキットの特性に合わせた調整が可能。ブレーキはブレンボ製で強化。ヨコハマ製の17インチアルミホイールに、ヨコハマADVANの225/45R17タイヤを組み合わせている。

引用元:【SEMAショー15】マツダ ロードスター スパイダー、ルーフは軽量「ビキニトップ」 | レスポンス.

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR