東京から2時間!ぶらり伊豆修善寺ドライブ[日帰り可]

  • アバター

  • CARfiling編集部

伊豆縦貫自動車道の開通で身近になった伊豆の修善寺へ

ふと思い立ち修善寺へ

5月の連休明けに、なぜか不思議に温泉につかりながら、のんびりとした気持ちに浸りたくて伊豆方面へドライブしながら温泉に入ろうということで出かけてみました。

伊豆縦貫自動車道の開通で身近に

東名高速道路の沼津インターから136号線を走り修善寺方面へ。

伊豆縦貫自動車道の開通で、平日であれば東京都心から2時間も有れば修善寺に到着します。
週末や祝日は混雑するのでプラス1時間は必要でしょう。

日帰りドライブの際も修善寺には至る所に個人経営の駐車場が有るので安心です。

生わさびが一本!昼は禅寺そばを

平日ということもあり、道路がすいていたおかげで昼前に修善寺温泉に着き、ホテルはまだチェックインできないので、お昼ごはんを食べるついでに中伊豆の山道をドライブすることにしました。

まずは、腹ごしらえに修善寺温泉の中心に位置する蕎麦処「禅風亭なゝ番<ぜんぷうていななばん>」というお店へ・・。

風情のある民家風の雰囲気の外観、店舗内にはテーブル席と小上がりの座敷があります。

美味しいおそばが食べられそうな雰囲気がただよう店内のテーブル席に陣取り、「禅寺そば」を注文。

ほどなくボリュームのある「禅寺そば」が登場!!

ツルツルっと、のど越しの良い二八蕎麦で、もり蕎麦、とろろ蕎麦の2種類が楽しめるセットになっています。

さすが伊豆だけあって、ワサビも本物。
葉の付いたままの生わさびが一本付いてきます。

大満足のお昼ごはんでした。

禅寺そばは1,260円(税込)、ざるそば:680円(税込)・天ざるそば:1,680円(税込)など、値段もお手頃な良心的価格で、美味しい蕎麦でした。

山間の春風を感じながらのんびり散策

食後は、温泉街を少し散策。

指月殿境内の源頼家のお墓をお参りして、修禅寺前に流れる桂川の遊歩道「竹林の小径」へ足を延ばしました。

修善寺名物の竹林の小径

青竹に囲まれた小径の中に吹く風が、ひんやりとして気持ちよく、風に揺れる竹の葉のさわさわという音が、耳にとても心地良く感じました。

修善寺竹林の小径

伊豆最大級の名瀑

淨蓮の滝の案内看板

川べりを一回り歩いたところで、車で日本の滝百選の「淨蓮の滝」へと出かけることに、約15キロほどなので20~30分の距離です。
淨蓮の滝は、伊豆半島のほぼ中央部、伊豆最大級の名瀑といわれ、幅7m高さ25mのスケールで水が落ちていく迫力ある滝です。

エメラルド・ブルー色の滝つぼまで幅の狭い遊歩道を下まで降りていきます。
200段ほど続く階段は、ところどころ濡れているところがあったので、注意深く降りていきました。

降りながら感じてくるマイナスイオン。そして、滝の水の落ちる音が谷間にこだまして聞こえてきます。

日本の滝百選にも選ばれた淨蓮の滝

観瀑の場所まで近づくと、より以上にマイナスイオンを全身で感じ取れました。
温泉に入る前に既に癒され、とてもいい気分のドライブ旅となりました。

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR