交換しないと燃費が悪化?知ってて損無しオイル交換時期。

  • アバター

  • CARfiling編集部

エンジンオイル交換時期

自動車のエンジンオイルは人で言う血液のようなもので、エンジン内部を流れ様々な役割をこなしているので、無くてはなら無いものです。
それゆえ定期的な交換が必要で、交換を怠るとエンジンオイルが汚れ、燃費の悪化に繋がります。
ただ、幸いな事に、車のエンジンオイルは人間の血液と違って交換が可能です!車の性能を長く保つ為にもエンジンオイルは適正時期にキチンと交換しましょう。

エンジンオイルの役割

ガソリンの燃焼温度は2000度以上、シリンダー内の燃焼ガスの温度は1000度以上とエンジン内部の温度は想像以上に高温になります。
そんな高温下のエンジン内部でエンジンオイルはエンジン内部のパーツが滑らかに動くの潤滑を助けたり、ガソリンが燃焼する際に出来たスラッジ(燃えカス)を除去するなど、エンジンの性能を保つ様々な役割があります。

そんなエンジンオイルは、摩擦時に発生した細かい金属片やスラッジを絡めたエンジンオイルは汚れ、エンジンオイル自体も燃焼で減少し、その効果が薄れていくのです。

エンジンオイルが汚れ、現状していくとエンジン内の摩擦抵抗が増え、燃費も悪くなってしまいます。

エンジンオイルの交換時期

エンジンオイルにはエンジンの種類により適正な交換時期が定められています。
一般的にNAのガソリンエンジンで15,000キロ又は一年に一回、ターボやスーパーチャージャーなどの過給器付きのエンジンで5000キロ又は6ヶ月に一回とされています、また、山の上り下の多い車や、走行距離の多い車は半分位を目安と考えて下さい。

いかがですか?ちゃんと交換できていますか?

あなたの車が悲鳴を挙げているかもしれません!

エンジンオイルのチェックはガソリンスタンドでも無料で行ってくれるので、一度チェックしてみては?

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR