【東京モーターショー15】マツダがロータリーコンセプト「RX-VISION」に込めた思いとは? | clicccar.com(クリッカー)

マツダが28日、東京モーターショーのプレスデーに出展したコンセプトモデルはやはりロータリーエンジン搭載を前提にしたモデルでした。

  • アバター

  • ゴルゴ18

同社は量産ロータリーエンジンを世界で初めて搭載した「コスモ・スポーツ」の発売(1967年)から2017年に50周年、さらに東京五輪が開催される2020年には創立100周年を迎えようとしています。

2012年6月に「RX-8」の生産が終了して以降もロータリーエンジン復活を望むマツダ・ファンが今もなお多い状況。

28日のプレスブリーフィングにおいて、マツダの小飼社長は「もう一度ロータリーを受け入れて頂ける日に向けてロータリーの動力性能や環境性能をSKYACTIVと同じ志で開発を継続している」と説明。

その後ワールドプレミアされたソウルレッドの「Mazda RX-VISION」は、全長4,389mm 全幅1,925mm 全高1,160mmと、FRスポーツ然とした低く構えた姿をしており、ロータリーの熱い「走り」を連想させます。

今回のロータリー・コンセプトの出展は「SKYACTIV」で業績を好調な波に乗せたマツダが同社のシンボル的な存在であるロータリーエンジンの復活劇を用意している可能性を大いに感じさせます。

ロータリー版のSKYACTIVこと「SKYACTIV-R」を、来るべき「RX-x」に搭載して2017年に蘇らせるその日が今から待ち遠しい限りです。

引用元:【東京モーターショー15】マツダがロータリーコンセプト「RX-VISION」に込めた思いとは? | clicccar.com(クリッカー).

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR