以外に知らない!真夏の熱い車内を10度下げる裏技【道具不要】

  • アバター

  • CARfiling編集部

カーエアコンの効きを良くする為の車内温度を下げる方法

夏場に屋外の駐車場で直射日光を浴びた車の車内温度は、停車から30分で40度、1時間で50度に達します、ダッシュボードやハンドルは70度以上になります。
高温のままエアコンをつけても効きが悪いですよね?
そんな、灼熱の車内を僅か2ステップで簡単に冷やす方法があるんです!

簡単2ステップ

1.助手席の窓を開ける

2.運転席のドアを大きく3回開け閉めする

たったこれだけの行為で約10度下がります。
助手席後ろの席の窓も開けると尚効果的ですよ!

運転席のドアを開け閉めする事で、開けておいた助手席の窓から車内に溜まった熱気が押し出され、
新しい空気が車内に入る事で車内の温度が急激に下がると言う事です。

少しでも車内温度を下げることで、エアコンの効き始めがよくなります。

お試し下さい。

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR