後ろの車のヘッドライトが眩しいは過去の話?最近のヘッドライト事情!

  • アバター

  • CARfiling編集部

対向車、後ろの車のヘッドライトが眩しい

みなさんは車を利用したことがない方のほうが珍しいと思いますが、夜にその車のヘッドライトがまぶしいと感じたことはありませんか。
運転中だけでなく、歩いていてもそう感じてしまうこともしばしばです。対向車に目をやられ、一瞬運転がおろそかになってしまったりしたことありますよね。

運転中に自分の車の後ろのヘッドライトがまぶしいと、意識して追い越させてしまいます。
では、この車のヘッドライトをどうすればまぶしくないようにできる種類とはどんなものなのでしょうか。
 最近は技術の進歩により、ハイビームでもまぶしくない、そんなものがいろいろでてきています。
ハイビームは何がいいのかというと、遠くまで照らせるため、見通しがしやすいのです。

自動車メーカーでは、いろんな種類のライトがでてきており、ある車は前方のカメラにより、対向車や人を感知するとヘッドライトの一部が自動で消えて、まぶしく感じさせないようになっているのです。
すごい機能ですね。また、ある車種では、ハイビームで走っていても、自動でロービームに切り替わる機能があるそうです。

まさに画期的な技術の進歩と言えます。テクノロジーの進化というのは、とどまることはないのでしょうか。
昔はヘッドライトの種類も白熱球を使うのがほとんどでしたが、このエコの時代になってだんだんとLEDに切り替わってきています。そのうち販売されるものがすべて切り替わるのも時間の問題かもしれません。

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR