暑くなる時期に気になるカーエアコンと燃費の関係性

  • アバター

  • CARfiling編集部

真夏の車内は要注意エアコンと燃費の関係とは

炎天下の車の中は外の気温が36度位の時に、約70度まで上がるというデータがあります。
ヘアスプレーなどの火気厳禁製品はもちろんのこと、ペットボトルをそのまま放置したりすると条件によっては、破裂する恐れもある程の温度です。

全国的に平均気温が年々上昇し、厳しい暑さとなる夏に体調を崩さないためにも、必須となるのがカーエアコンです。
真夏は付けっぱなしになることも多い、カーエアコンと燃費の関係性について説明します。

カーエアコンが燃費に、影響を与えるのは冷房の時です。
あまり知られていませんが暖房の時には、車の廃熱を利用しているのであまり関係がありません。
しかし冷房の場合は大きく、燃費に関係してきます。

カーエアコンの冷房は特に燃費に関係してきます

これは冷房の熱源がエンジンの動力を利用して、コンプレッサーを回し熱を持った空気を冷却してから車内へと送り出しているためです。
コンプレッサーを回すためにエンジンの動力を使うため、エアコンを付けると約10%燃費が落ちると言われています。
コンプレッサーはエンジンの回転という、大きな電気が必要なので車に負担がかかる原因ともなっています。
またA/Cというボタンがコンプレッサーの、スイッチとなっていてこれを押すと冷却した風が流れてきます。
つまり暖房時でもこのボタンのスイッチが、入っていると燃費の悪化につながるので注意したい所です。
夏場には車内温度が上がり過ぎないように、サンシェードを使用したり屋根やボンネットの部分に水をかけるなどして、エアコンと上手に組み合わせることが大切です。

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR