アウディ初のPHEV「A3スポーツバック e-tron」に試乗。その実力はいかに? – 試乗レポート

  • アバター

  • ゴルゴ18

使い方次第で燃費は「無限大」

「A3スポーツバックe-tron」は、アウディ初のプラグインハイブリッド(PHEV)車だ。最大のアピールポイントとなるのは、1.4Lターボエンジンに高出力モーターと大容量バッテリー(8.7kWh)を組み合わせることで得た高い環境性能と爽快なドライブフィールの両立。JC08モード燃費は23.3km/hとなるが、プラグインハイブリッドの場合、カタログ燃費はあまり参考ならない。というのも、構造上、使い方によって燃費が激変するからだ。

ハイブリッドと違い、プラグインハイブリッドは「充電」ができ、その電力を使って走行できる。A3スポーツバックe-tronはCHAdeMOの急速充電器には対応していないが、200Vなら約3時間、100Vでも約9時間でフルチャージになり、JC08モードで52.8kmのEV走行ができる。運転の仕方や道路状況、空調の使用状況などにより変化はあるものの、充電さえしておけば実走行でも30~40km程度ならエンジンをかけずに済むということだ。

またEV走行時の最高速度は130km/hに達するから、たとえ高速道路に足を踏み入れたとしてもエンジンの出番はない。当然ながらそういった状況下でのガソリン使用量は「ゼロ」となり、燃費は「無限大」となる。

引用元:アウディ初のPHEV「A3スポーツバック e-tron」に試乗。その実力はいかに? – 試乗レポート – carview! – 自動車.

 この記事を世界に広めてください 
FacebookTwitterはてブするLINEで送る

PR